雨が好きな人のスピリチュアル的な真意

雨が降ることを嫌う人は多いかもしれませんね。
「髪形が決まらない」
「服装や靴に悩む」
「移動が憂鬱」
「野球ができない」
「外で遊べない」

などなど、雨を嫌う理由は様々でしょう。

スピリチュアル的には、雨は浄化を意味します。
雨は“気”をキレイにし、全てのバランスを整えます。
全ての物には“気”が存在し、“気”が汚れるとバランスを崩して世界は成立しなくなってしまいます。
“気”を浄化する雨は、この世のバランスを保つために非常に重要な役目を持っているのです。

「雨は嫌い」という方が多い中、「雨が好き」という方がいます。
雨は雲が冷えて液体になったものですが、実は雲にも魂はあります。
つまり雨は、雲がくれるスピリチュアルな贈り物で、この世の全てを浄化してキレイにしてくれる存在なのです。

浄化されてキラキラと全てが輝く様は、それはそれは美しいものです。
それは人にも言えることで、雨は人間の“気”も浄化して輝かせてくれるのです。

「雨が好き」「雨が待ち遠しい」という方は、無意識のうちに雨の浄化作用を心地よく感じることができている人でしょう。
それは雲の魂のメッセージを素直に受け取ることができている証拠ですし、美しいものを引き寄せる美しい心を持っている人でしょう。

エネルギーを左右する雨

カラッと晴れた日は、確かに気持ちがいいですね。
窓を開け放つことができますし、出掛けるのにも最適です。
しかし実は、湿度が高く不快だと感じる雨の日こそ、全てのエネルギーは高まります。
湿度が高い方がエネルギーは通りやすく、運が開きやすくなるのです。
様々な良いチャンスに恵まれ、幸せになるキッカケを掴むことも期待できます。
ですから、雨の日こそ外出するには絶好の機会なのです。

しかし外出には注意が必要です。
雨に足元を濡らして体を冷やすと、スピリチュアル的なエネルギーは低く弱くなってしまいます。
傘もささずに歩くようなことは、エネルギーを弱くするのでしてはけません。

また、部屋に滞った負のエネルギーは、雨の日に掃除をすることで浄化することが可能です。
雨の日は、埃やゴミにくっついて負のエネルギーも簡単に捨てることができます。
ですから、古いものを片付けたり、断捨離するときには、雨の日を敢えて選んでください。
さらに運気が上がるでしょう。

雨は、エネルギーを大きく左右する存在なのです。

雨の日の結婚式は縁起がいい!

『一生に一度の結婚式が雨』なんて、ツイていないと思うかもしれませんね。
野外のイベントが中止になり、ショック。
足元が悪くなるのでお祝いに来てくれるお客様にも申し訳ない・・・。
そんな風に思うでしょう。
しかし実は、雨の日の結婚式はスピリチュアル的には非常に縁起が良いのです。

上記でお話ししたように、雨は雲のギフトなのです。
全ての“気”を浄化する作用があり、キラキラと美しく輝かせます。
まさに、新たな門出を祝うには、最適なギフトだと言うことです。

そして、雨は天が二人の代わりに涙を流したものだと言われています。
一生分の涙を代わりに流して、新郎新婦が生涯悲しみの涙を流すことなく過ごせることを暗示しています。

さらに、『雨降って地固まる』ということわざをご存知でしょう。
脆い地盤も雨を含んで乾いた後は、しっかりとした地盤に固まるという意味を持っています。
夫婦も結婚したての頃にはぶつかることもあるでしょうし、「離婚だー!」と思うこともあるかもしれません。
しかし何度も何度も喧嘩や揉め事を繰り返していくうちに、喧嘩することそのものに動じることはなくなりますし、意見の相違が離婚に繋がることもなくなるのです。
苦労を共にすることで、固い絆が生まれるということですね。

『雨の結婚式』は、本当は縁起がいいんですよ。

雨のお墓参り

『雨の日はお墓参りに行かない方がいい』という言い伝えがありますね。
しかし実際には、お彼岸や命日などが雨になっても、お墓参りをする人は多いでしょう。
『雨の日はお墓参りに行かない方がいい』というのは、いわゆる迷信で、昔の人が言ったものです。
「本当に行っても大丈夫?」と思うかもしれませんね。
大丈夫ですよ、ご先祖様はいつだってお参りに来てくれる人に喜んでくれます。

そして、「雨だから」という理由だけでお墓の掃除をしないのは、あまり好ましくありません。
簡単でも良いので、お墓の掃除をして差し上げましょう。
花立てにぬめりがあればキレイにし、墓石の上にゴミや埃があれば払ってください。
雨で濡れていれば汚れも取れやすいので、墓石をキレイに拭くのも楽でしょう。
ろうそくやお線香は、雨で火が消えてしまう場合は無理に立てる必要はありませんが、お水は必ず上げてください。

雨の日のお墓参りは、行っても問題はありません。
しかし足元が悪く危険な場合や、ご自身やご家族の体調が悪い場合は、無理をしてまで行く必要はありません。
そのような場合は、後日、晴れた日に行くと良いですね。

人気記事

千里眼

おすすめの記事