自信喪失の原因とは?自分を取り戻す方法や自信を回復する方法も解説!

自信喪失の原因

自信喪失とは、自信を失うこと、自分の無力さを痛感することです。
誰でも長い人生の中では、経験があるのではないでしょうか。
何らかの理由で自信を喪失し、立ち直ることが難しいこともあるでしょう。
時の流れとともに自然と回復していく人もいるでしょうし、自信喪失した理由となったことを克服して立ち直る人もいるでしょう。
中には一生の心の傷となってしまう人もいるのではないでしょうか。

それでは、自信喪失の原因について考えてみましょう。
自信を喪失するわけですから、元々は自信があったことに関して自信を失い、気持ちが落ち込んでしまう状態を指しています。

ミスをした

仕事や対人関係などで、ミスをしたことが自信喪失の原因となることは多いでしょう。
1つだけならそれほどでもないところ、いくつかのミスを連発したり、仕事・交友関係・趣味など様々な場面でミスが重なることで自信を喪失してしまうこともあります。
ミスは誰でもするものですが、重なることで自信喪失へと繋がってしまうことは多いでしょう。

高すぎる目標

人は物事を経験して積み重ねることで自信を身に付けます。
ただし過信をすることで目標が高くなってしまい、達成することができずに自信を喪失することがあります。

自分の無力さを痛感した

人は努力をして何かを成し遂げたり、達成することができるという経験を何度となくします。
しかし場合によっては努力が足りなかったり、力が及ばないこともあるでしょう。
そして乗り越えられなかったとき、人は自分の無力さを痛感して自信を喪失するのです。

自分を主張しすぎた

自信を持って自分を主張しすぎて、失敗してしまうことがあります。
「自分はできる!」「自分は分かる!」「自分にしかできない!」などと“できる”ことを前提にした強い主張は、自信喪失の原因にもなるのです。

失恋した

失恋は心が傷つくだけでなく、自信も失ってしまいます。
自分の何が悪いのか、どうしてフラれてしまったのか、嫌われた原因など、考えれば考えるほど自信を失っていくでしょう。

完璧主義

自信喪失しやすい人は、比較的完璧主義である傾向があります。
何事にも妥協を許さず、プライドが高いため心も傷つくことが多いでしょう。
完璧主義者ほど、立ち直るのに時間がかかると考えられます。

いかがですか?
心当たりはありますか?
実は自信喪失に関しては、それを強く感じる人と、それほど感じない人がいます。
そしてそれは、自信喪失の状態から回復する時間にも関係しているのです。

自分を取り戻す方法

自信喪失の状態にあるときには、自分自身をしっかりと持つことができません。
ですから自信を回復する第一歩として、自分自身を取り戻す努力をしていきましょう。
まずは1人で悩まずに、深みにハマる前に信頼できる友だちや家族や上司などに相談すると良いでしょう。
客観的な意見は気持ちの切り替えのキッカケとなり、自分を取り戻す突破口になることがあります。

次に、自分を肯定するために、自分が何に自信を持っているのか、何に自信がないのかを自問自答してみましょう。
そして自分の良いところはうんと褒めてあげてください。
努力や頑張りだけでなく、当たり前のように日々を生きていることも、実は多くの積み重ねの上に成り立っていることを褒めてください。
自分と向き合うことが大切です。
自信喪失の状態で毎日をただただ忙しく過ごすのは好ましいことではありません。
ゆっくり自分と向き合う時間を作って、心も体も休ませることが大切です。

自信を回復する方法

大切なのは自信喪失の状態を長く引きずらないことです。
その思考が習慣になり、反省ばかりの人生になってしまいますよ。
長く引きずることで自信喪失した原因が心の中に刻み込まれて、回復するのに時間が掛かってしまいます。
自信喪失したときこそ、前向きになることが大切です。
自信喪失した原因となったことから少し距離を取り、まったく関係のないことに没頭してください。
そして自己否定してしまう気持ちに気付いたら、自分の中で「もう終わり。考えない」と思ってください。
自分を許して受け入れることが大切です。

自信喪失から立ち直るには

自信喪失の状態から立ち直るには、自信を失った原因となった出来事から離れることが大切です。
そして、時間が経過したらその出来事も受け入れてあげてください。
それも自分の一部です。
そんな自分も大切に思ってあげましょう。
そして決して孤独にならないでください。
信頼できる人に話を聞いてもらったり、そのことを話せないなら別の話で気分転換するのも良いですね。
一気に自信を回復するのは難しいかもしれませんが、自分らしく生きることで必ず自信喪失から立ち直ることが可能です。
自信喪失すると、様々なことに消極的になってしまいますが、そんなときほど積極的にいろいろなことを経験してください。
家族や友だちと一緒に過ごす時間を作り、あなたを大切に思ってくれる人がいることを実感することです。

千里眼

おすすめの記事