言霊(ことだま)の意味とは?言霊の効果で幸せになるために知っておきたいこと

言霊(ことだま)とは?

『言霊』という言葉を聞いたことがあるでしょう。
では、言霊という言葉にどのようなイメージをお持ちですか。

言霊とは

・言葉に宿るもの
・人の魂に作用するもの
・言葉によって言霊の意味や効果が異なるもの

このように言われ、昔から日本では信仰されてきたものです。

言霊の意味

日本では昔から『言葉には霊的な力がが宿っている』と考えられており、それを『言霊』と言ってきました。
ポジティブな言葉を言えば物事が上手く行く、逆にネガティブな言葉を言うことで悪いことが起こるなど、実際にそういう経験をしている方は多いのではないでしょうか。
実は世界各国、様々な国や地域に存在する魔法の呪文や神に捧げる祈りの言葉などは、同様の考え方が浸透しているためだと言われています。
日本では神社の祝詞などがそうですね。
それぞれの言葉にはそれぞれ異なった言霊が宿り、言葉の数だけ言霊は存在します。

ポジティブな言葉

喜びや感動、感謝や労わりなどを表すポジティブな言葉には、やはりポジティブな言霊が宿ります。
人を喜びで満たし、幸せへと導きます。
よく聞く話として、「ありがとう」という言葉を1日に何度でも言うことで人間関係が上手くいき、自分も相手に感謝されることが多くなったという例がありますね。
誰でも簡単に行うことができますので、簡単に幸せになることができる方法だと言っても良いでしょう。
まさに言霊の作用です。
そして言霊の作用を利用したものの代表として、神社の祝詞があります。
祝詞には、ネガティブな要素は一つもありません。
すべてポジティブな言霊の力をもつ言葉で構成されているため、祝詞をあげることで多くの人の幸せを神様に祈願するものなのです。

ネガティブな言葉

攻撃したり卑下する言葉は、人に対しても自分に対しても多用してはいけません。
ネガティブな言葉には、ネガティブな言霊が宿るのです。
ネガティブな言葉を多用している人に対して抵抗を感じるのは、ネガティブな言霊の力が作用しているからかもしれません。
その代表として呪いの言葉があります。
憎しみや怒りに任せた言葉には、とても強い負のエネルギーを持った言霊が宿ります。
昔から日本ではその作用を利用して、呪いの言葉があるのです。
ただし、ダメージがあるのは呪いの言葉をかけられた人だけではありません。
誰より呪いをかけた人がネガティブな言霊の力が作用して、大きなダメージを受けると言われています。

言霊の効果

それでは、言霊にはどのような効果があるのでしょうか。

精神状態

「ありがとう」「大好き」「頑張りましょう」「キレイだね」などのポジティブな言葉を多く発することで、自分の魂をより良い状態に保つことが可能となります。
感情を込めたポジティブな言葉には、魂を守る作用があります。
ですから辛い時こそポジティブな言葉を発した方が良いのです。
逆に、「ムカつく」「疲れた」「めんどくさい」「ウザイ」などのネガティブな言葉を多く発すると、さらに気分が落ち込んだり、イライラが増したりするでしょう。
ポジティブな言葉を多く使った歌を歌うのも良いですね。

人間関係

ポジティブな言葉には、その場のムードを明るくし、和ませる作用があります。
ポジティブな言葉を発する人と話をしていると、相手も明るく元気になるでしょう。
ですから自然と人間関係も円滑になるのです。
逆に人の悪口や愚痴ばかり言っている人は、ネガティブな言霊が作用して人間関係がギクシャクしてしまう恐れがあります。
ネガティブな言葉を減らして、ポジティブな言葉を増やしてみましょう。

相手を変える

言霊には相手を変える力があります。
誰かに親切にしてもらったときに、それが些細なことであったとしても「ありがとう」と一言お礼を言うだけで、相手の心には変化が現れます。
「ありがとう」と言われた側は、その言葉で心を温かくし、もっと人に親切にしようと思います。
しかし親切に対して「余計なことしないで」などと言われた人は、人に親切にすることが怖くなってしまうでしょう。
このように言葉の発し方一つで、言霊が相手を変えることはよくあることです。
ポジティブな言葉は良い方向へ、ネガティブな言葉は悪い方向へと作用し、相手を変化させるのです。

元気にする

例えば、誰かの歌に魂を揺さぶられた経験はありませんか。
あれはまさに言霊の作用だと言えますね。
言霊は人を元気にする力が作用しますので、落ち込んでいる人には是非ポジティブな言葉をかけてあげてください。
逆に、落ち込んでいる人に、さらにネガティブな言葉をかけるとどうなるでしょう。
相手はさらに落ち込み、もう二度とその人に気持ちを許さなくなるかもしれませんね。

目標達成

何か目標があるとき、発する言葉の違いで結果に大きな差が生まれることをご存知でしょうか。
「大丈夫!」や「自分はできる!」というポジティブな言葉を発する人は、その目標を達成させやすくなると言われています。
逆に、「どうせ自分はダメだ」や「できるわけがない」というネガティブな言葉を発している人は、その目標を達成させにくいと言われているのです。
言霊の作用は、実際の行動に大きな影響を与えるということですね。

言霊で幸せになることはできるのか

これほど様々なことに作用する言霊ですから、如何に大切であるかはお分かりいただけたのではないでしょうか。
では、本当にポジティブな言葉を発するだけで、人は幸せになることができるのでしょうか。
答えは「YES」です。
人はポジティブな言葉を心掛けて発することで、自分も周りも幸せにすることが可能です。
ただし、たった一つの条件があります。
それは、ポジティブな言葉を発するときにしっかりと気持ちを込めることです。
心にもないことをさもめんどくさそうに言ったのでは、ポジティブな言霊が宿るわけがありません。
素直に「ありがとう」と言うのと、厭味で「ありがとう」と言うのとでは、まったく意味が異なります。
初めは棒読みになってしまうかもしれませんが、必ず心が着いてきます。
それも言霊の作用なのです。
ポジティブな言葉を多く発している人は、たくさんの良い言霊に囲まれて、顔の表情さえも変わってくるでしょう。

千里眼

おすすめの記事