タロットカード9:隠者の意味

『隠者』のカードは、仙人にも見える老人がランプを持ち、まるで雪山から下界を照らしているかのような絵柄のカードです。
執着も欲望も捨て、悟りの境地に立ったメンタリティーの高さを表しています。
ランプの中の星は六芒星~神秘主義の象徴~で、スピリチュアルな視点から現実を見ていることを示しています。
左手に持つ杖は、これまで険しい道を辿ってきたことを表しており、目指す頂上に立ってこれまでの道のりを振り返っている姿ですね。
辿り着くために回り道をしたことも、多くの苦難も乗り越えてきたでしょう。
たくさんの失敗や後悔は、その時その場で必要な状況であったことが窺えます。
過ぎてしまった過去は変えられないと知りながら、それでも過去を振り返らずにはいられないことを示しています。
そしてランプは過去の自分を照らすだけでなく、そこに続く人たちの道をも照らしているのです。
これまでやってきたことや功績は、後に続く人々の光となって輝いているということです。

【隠者】正位置の意味

隠者

『隠者』のカードの正位置の意味は、《模索・精神性・経験・単独行動・悟り・内観・慎重・思慮深い》などがあります。

・内面の探求。
・プラス面の強調。
・深い思考。
・精神的な悟り。
・気分の落ち着き。
・内面の充実。

自分の内面に目を向けることを促す意味があり、これまでの経験や学んできたことを振り返ることを暗示しています。
答えは自分の中にあり、自分の判断が重要であることを表しています。
また足元を照らすランプは、過去や未来や周りばかりに着目するのではなく、今現在の現実にある足元を見なさいという意味でもあります。
自分の意思を尊重して生きるべきだということです。

仕事についてタロット占いの解釈

仕事に関して『隠者』のカードが正位置で出た場合、今は自分のペースを崩さずに仕事を進めるときだということを暗示しています。
転職や起業を考えている場合は、少し待った方が良さそうです。
軽はずみな行動は差し控えましょう。
実力を養って足元を固め、揺るがない土台を作るときです。
これまでの仕事を振り返り、さらに結果を出すことが可能なときです。
ただし周囲とのバランスを考慮することが難しくなっていますので、自分の裁量で進められる仕事で力を発揮することができるでしょう。
冷静な判断で的確な仕事をこなすことができますが、単独で行う仕事が多くなるため、しっかりと自覚を持ってベストを尽くす必要があります。

恋愛(片思い・復縁)についてタロット占いの解釈

恋愛に関して『隠者』のカードが正位置で出た場合、精神性の高さを表しています。
片思いの場合、見守る以外の方法はないかもしれませんね。
相手のすべてを受け入れ、相手の迷惑にならないように気遣いながら、想いをぶつけることができない状況は孤独で辛いものかもしれません。
しかし今はそれ以外の方法はないのです。
「このままでいいのだろうか」という疑問が湧くかもしれませんが、今はそれしか手立てはないのです。
また既にお付き合いをしている恋人がいる場合は、二人の関係を公表できない何らかの事情があり、不安や苛立ちを感じているかもしれませんね。
例えば社内恋愛や不倫関係など、表立って公表することができなければ、祝福されることもありません。
また周囲に反対されていたり、友人や知人の元恋人で言い出せないということもあるかもしれませんね。
いずれにしても周囲から孤立した関係となり、今は決して祝福されることを望むことができないということです。
しかし『隠者』のカードは精神性の高さを表すカードですので、お互いに精神的な結び付きがあることを表し、心の深い部分で繋がっていることを暗示しています。

未来についてタロット占いの解釈

未来に関して『隠者』のカードが正位置で出た場合、華やかで目立つことはなく、裏方に徹してこそステップアップできることを示しています。
真理の追究を重視するようになりますので、すべてにおいて誠実で忠実な行動でやり遂げ、周りからの信頼は厚くなるでしょう。
単独での行動は増えますが、不思議と寂しいという感覚を持つことがありません。
喜びも苦悩もすべてを受け入れられる精神を持ち、哲学的な思考で努力をしていくことでしょう。

【隠者】逆位置の意味

隠者

『隠者』のカードの逆位置の意味は、《孤立・卑屈・消極的・閉鎖的・劣等感・人生の迷い・陰湿・思い込み》などがあります。

・閉鎖的な孤独感。
・暗い雰囲気。
・心を閉ざす。
・ネガティブな感情。
・秘密。
・心が重い。

自分の内面に着目することが裏目に出て、悪い方向へと進んでしまいます。
行動力を失い、心を閉ざして内に籠ることを暗示しています。
家に引き籠ったり、自分のしたいことさえも明確ではないでしょう。
自分を見つめ直しても、落ち込むばかりです。
引き籠らず、外へ出て気持ちの切り替えが重要です。

仕事についてタロット占いの解釈

仕事に関して『隠者』のカードが逆位置で出た場合、自分の考えに固執しすぎて人の意見を聞けない状態にあることを暗示しています。
自分の思考や価値観に執拗にこだわるあまり、そのことが原因で仕事が進まず空回りしているのかもしれませんね。
周囲の言葉を聴き入れ、信頼できる人からアドバイスをもらいましょう。
些細なこだわりのせいで自分の役割を理解せず、独りよがりになっていることを示しています。
周りの人からは「理解できない」「何を考えているのか分からない」と批判されることもあるでしょう。
自分の役割をしっかりと意識して、周囲の意見に聞く耳を持つことです。

恋愛(片思い・復縁)についてタロット占いの解釈

恋愛に関して『隠者』のカードが逆位置で出た場合、相手の気持ちを信じることができずに、疑心暗鬼になって周囲の声にも耳を傾けることができない状態を暗示しています。
独りよがりな考えになり、少し考えすぎの傾向があるかもしれません。
出会ったばかりの気持ちで居続けることは難しいことですが、相手をきちんと理解することができずに自分勝手な解釈で相手を誤解している恐れがあります。
雑念が多くて相手の気持ちが見えなくなっており、内面の理解に及ばず、冷静さを失った状態で軽率な行動に出てしまうことを暗示しています。
お付き合いしている人がいる場合も片思いの場合も、今は少し距離を縮めることが難しい時期に入っていることを表しています。

未来についてタロット占いの解釈

未来に関して『隠者』のカードが逆位置で出た場合、自分の了見の狭さからトラブルが続発することが暗示されています。
他人の成功を妬み、あら捜しをして、相手を認めることができないでしょう。
成功者の努力や苦労を想像することができず、表面的なものだけで判断し、人を信頼することができない状態です。
ただし、自分も信頼されていないことを忘れてはいけません。
目に見えるものがすべてではないということに気付いてください。

【内緒】当たる占い師をコッソリ教えます
この21人に出会った今がタイミング!
あなたにこれから起こる奇跡が→こちら
人気記事

千里眼

おすすめの記事