福寿草(フクジュソウ)の花言葉

福寿草(フクジュソウ)の花言葉と由来

『福寿草』はキンポウゲ科フクジュソウ属の植物で、和名は『福寿草(フクジュソウ)』、別名『元日草(ガンジツソウ)』『朔日草(ツイタチソウ)』とも呼ばれています。
原産地はシベリア・日本・中国・朝鮮半島で、花色は黄色やオレンジ色があります。
早春に非常に色鮮やかな花を咲かせることから、新春を祝う花として用いられています。
年の瀬に松竹梅などと並んで出回り、新年には欠かせない花として人気があります。
実は福寿草は2月半ばの旧暦の正月あたりに花を咲かせますが、年の瀬に間に合わせるように促成栽培をしています。
福寿草という名前は新春を祝う花として付けられたもので、長寿や幸福を意味しています。
また、フクジュソウ属の学名は『Adonis(アドニス)』と言いますが、これはギリシア神話が語源となっていると言われています。

[美少年アドニスの伝説]~ギリシア神話~

愛と美の女神アプロディーテーは、息子のキューピッドと遊んでいたときのことです。
キューピッドが射た愛の矢がアプロディーテーの胸にあたり、その傷が治らないうちに美少年アドニスを見たアプロディーテーは彼に恋してしまいます。
しかし、アドニスは狩りに出掛けたときに、わき腹をイノシシに突かれて死んでしまったのです。
女神アプロディーテーは悲しみに暮れ、涙を流し、その涙がアネモネの花になったと言われています。
また、アドニスの体から流れた血から、アプロディーテーがアネモネを咲かせたとも言われています。

それでは、そんな福寿草の花言葉をご紹介していきましょう。

福寿草(フクジュソウ)の花言葉

・幸せを招く
・永久の幸福
・悲しき思い出

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

福寿草(フクジュソウ)の花言葉の由来

花言葉の『幸せを招く』『永久の幸福』は、福寿草が昔から縁起の良い花として扱われてきたことに由来していると言われています。
『悲しき思い出』は、上記のギリシャ神話“美少年アドニスの伝説”に由来しているとされています。

福寿草(フクジュソウ)の特徴

福寿草は“福と寿の草”と書くように、幸福を呼び込む縁起の良い花として非常に人気の高い植物です。
鉢植えは年の瀬にたくさん出回りますが、新年を祝うときに飾る方が多いのです。
別名の『元日草(ガンジツソウ)』や『朔日草(ツイタチソウ)』は、正月元日に飾ることに由来しています。
地植えでは開花時期が2月~3月であるため、新年を迎えるときに花を咲かせるのは難しいですが、早春を報せる花の一つとして好まれています。
暖かい地域では2月~3月ごろに花を咲かせますが、東北以北の寒い地域では3月~4月ごろにようやく花を咲かせます。
ですから、確かに新年を祝う花ではありますが、早春の花と言った方が正確ですね。
日本では福寿草と言えば黄色の花を咲かせる植物ですが、ヨーロッパでは赤系統の色の花を咲かせる種類が自生しています。
福寿草には蜜はありませんが、花弁が囲むような花姿をしているため暖かい空間になり、虫を惹き付けて花粉を運んでもらいます。
気を付けなければいけないのは、根・茎・葉にはアドニンという毒が含まれているということです。

福寿草(フクジュソウ)の色別の花言葉はあるの?

福寿草の花色には黄色やオレンジ色が存在しています。
ただし、現在のところ花色別の花言葉は付けられていないようです。

【英語名】福寿草(フクジュソウ)の花言葉

福寿草は英名で『Amur adonis(アムールアドニス)』『Pheasant's eye(フェズンツアイ)』と呼ばれ、学名は『Adonis ramosa』と言います。

英語の花言葉

『sorrowful remembrance(サラファルリメンバーランス)』意味は「悲しき思い出」

福寿草(フクジュソウ)の種類

福寿草 秩父紅

福寿草と言えば、日本では黄色の花が一般的ですが、江戸時代には園芸品種が開発されるようになり、白色や紫色、オレンジ色などの花の品種も存在しています。
花の形は一重・八重・万八重と様々な種類があり、福寿草と言っても非常に多彩な種類があるのです。
それでは、ここでは福寿草の種類をご紹介しますね。

福寿海

一般的に福寿草と言えばこの品種を指します。
丈夫で育てやすく、地植えでも鉢植えでも育てることができ、初心者の方にもおすすめです。

秩父紅(チチブベニ)

夕日のような紅色の花を咲かせ、花弁は丸みを帯びています。
別名『紅花』とも呼ばれています。

ミチノクフクジュソウ

黄色の花で花弁の先端がオレンジ色になる品種です。
中国北部・朝鮮半島、日本では東北~九州の一部に分布しています。

撫子(ナデシコ)

花弁の縁に切れ込みがある撫子弁の福寿草で、見た目もナデシコに似ています。

白寿(ハクジュ)

別名『白花』とも呼ばれており、淡いクリーム色の花色を咲かせる珍しい品種です。

福寿草(フクジュソウ)の季節や開花時期

福寿草は早春に花を咲かせる植物で、開花時期は2月~3月です。
花屋やホームセンターなどに出回るのは1月~3月、最盛期は2月ですが、東北以北では1ヶ月ほど遅くなります。
花持ちは良く、1株で10日~14日程度は花を楽しむことができます。
福寿草は山野草の多年草で、草丈は20~30cm程度まで伸びます。
明るい木漏れ日の下などを好みますので、鉢植えの場合は午前中に陽が当たる場所に置くと良いでしょう。
地植えの場合は、落葉樹と落葉樹の間に植えてあげると自然に増え、美しい花を咲かせてくれます。

福寿草(フクジュソウ)の誕生花

福寿草が誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

1月1日
1月3日
1月4日
1月12日
2月26日
4月6日

関連リンク

千里眼