アネモネの花言葉

アネモネの花言葉と由来

『アネモネは』は様々な色の種類があるカラフルで可愛い花です。
意外と知らない人は多いようですが、花屋の店頭でも見かけることがありますし、花束やフラワーアレンジメントなどでも目にしていることは多いでしょう。
花には「見たことはあるけど名前は知らない」というものが決して少なくないですよね。
アネモネもそんな花の一つであることが多いかもしれません。
きっと、花を見れば「あー!この花がアネモネか!」と思のではないでしょうか。
『アネモネ』は、ギリシャ語のanemosに由来した名前で、『風』という意味です。
英名では『windflower』、いずれも風に吹かれてそよぐ可憐な姿から名付けられたと言われています。
では、アネモネの和名は何だと思われますか?
実は和名には『風』は無関係なのです。
『牡丹一華』『花一華』と呼ばれており、花が牡丹に似ていることからその名が付けられたそうです。
“一華”は1本の茎に1つの花を咲かせる花のことを意味しています。

そんなアネモネの花言葉を紹介していきます。

アネモネの花言葉

・儚い恋
・恋の苦しみ
・薄れゆく希望
・嫉妬のための無実の犠牲
・見放された
・純情無垢
・可能性
・無邪気
・期待

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【本数別】花言葉はこちら>>
【種類別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

アネモネの花言葉の由来

花言葉の由来はギリシャ神話です。

花の女神フローラ、風の神ゼピュロス、アネモネの三角関係。
花の女神フローラと風の神ゼピュロスは夫婦でしたが、風の神ゼピュロスが花の女神フローラに仕えるアネモネに恋をしてしまいます。
フローラは嫉妬に狂い、アネモネを追放し、ゼピュロスはフローラとの離婚を避けるためにアネモネへの想いを断ち切りました。
追放されたアネモネは花のニンフとしての力を失くし、悲しみに泣きくれます。
ゼピュロスはアネモネへの想いを完全に捨てることができず、気の毒に想ってアネモネを花の姿に変えたと言われています。
この神話からアネモネの花言葉、『儚い恋』『恋の苦しみ』『嫉妬のための無実の犠牲』『見放された』『純情無垢』などが生まれたのです。

さらに、アッシリアの女王スミュルナと王ティアースの禁断の恋の神話も由来となっています。
アッシリアの女王スミュルナは、実父の王ティアースに恋をしてしまいます。
スミュルナは異国の女性に身を扮し、実父の王ティアースを騙して身籠ります。
生まれた子供はアドニスと名付けられ、それはそれは美しい少年に成長します。
その美しさは嫉妬され、アドニスは悲しい運命を歩むこととなったのです。
この神話からアネモネの花言葉、『恋の苦しみ』が生まれたのです。

アネモネの特徴

アネモネはキンポウゲ科アネモネ属の球根植物で、日本では昭和初期から親しまれています。
和名は先ほども紹介しましたが、『牡丹一華』『花一華』ほかに『紅花翁草』とも呼ばれています。
日光を好み、寒さに当てることで蕾ができる性質から、屋外で育てると花を咲かせやすいようです。
一口にアネモネと言っても、その種類は100以上あり、今も毎年のように新品種が生まれています。
花色は、赤、白、ピンク、紫や青などがあり、一重、半八重、八重など花の形も異なります。
花壇にたくさん植えて楽しむ方が多く、色や花のサイズも豊富にありますので、非常に美しい花壇を作ることができます。
また、切り花として楽しむこともできますので、部屋に飾ったり、贈り物としても素敵ですね。

実は、アネモネは花びらに見えている部分がガクなのです。
では花びらはどの部分か?
アネモネの花びらは中心の紺色の部分で、光や温度の変化で開いたり閉じたりしています。

そして、あまり知られていないことのようですが、アネモネには毒があります。
草全体に毒があるため、茎を切ったり折ったりするときには気を付けなければいけません。
茎から出た汁が肌に触れることで、皮膚炎や水疱になることがあります。
取り扱いには十分注意を払いましょう。

【色別】アネモネの花言葉

ピンク色のアネモネ

アネモネには数種類の色のバリエーションがあることは先にお話ししましたね。
それでは、色別の花言葉を紹介していきましょう。

紫色のアネモネの花言葉

『悲しみ』『あなたを信じて待つ』『信じて従う』

青色のアネモネの花言葉

『あなたを信じて待つ』『待望』『固い誓い』

赤色のアネモネの花言葉

『根気』『辛抱』『君を愛す』『あなたを愛しています』

白色のアネモネの花言葉

『真実』『期待』『希望』『真心』

ピンク色のアネモネの花言葉

『待望』

【本数別】アネモネの花言葉

アネモネには本数別の花言葉があるとされています。
実は一般的な花言葉とは少し異なり、昔からの言い伝えがあるわけではないようです。

1~10本

『明るい未来へ』

11~20本

『ずっと変わらない想い』

21~50本

『永遠に共に』

51~100本

『希望』

100本以上

『忘れられない記憶』

【種類・品種別】アネモネの花言葉

【種類・品種別】アネモネの花言葉

アネモネには様々な種類がありますが、品種別にそれぞれの花言葉があります。

モナリザ

アネモネの中でも人気の高いモナリザの花言葉は『大人の恋』です。
大きく薄い花びらと色の種類が多いことが特徴です。

ミストラル

アネモネの中でも新しい品種のミストラルの花言葉は『気品』です。
花にボリュームがあることが大きな特徴です。

ポルト

ポルトの花言葉は『一目惚れ』です。
美しいグラデーションが特徴的な花です。

デカン

デカンの花言葉は『忘れられない』です。
ホビーとよく似ています。

モナーク

モナークの花言葉は『思い出に震える心』です。
菊のように小さく八重咲の花で、葉が小さいことが特徴です。

セントブリジット

セントブリジットの花言葉は『初恋』です。
花びらが細く数が多いのが特徴的な品種です。

絢花

絢花の花言葉は『少女の頃』です。
花は小ぶりで、次々咲いて楽しませてくれる人気の高い品種です。

【英語名】アネモネの花言葉

アネモネの英名は『Anemone』で、学名が『Anemone coronaria』となります。

英語の花言葉

『anticipation』期待
『forsaken』見捨てられる、見放される

という意味です。
日本の花言葉と同様に、良い意味と悪い意味の両方がありますね。

アネモネの季節と開花時期

アネモネは品種によって開花の時期が異なりますが、ほとんど春咲きとなっています。
屋外での管理で自然に開花させると、3月中旬~5月上旬まで花を咲かせます。
とは言え、店頭に並び始めるのは12月頃からです。
冬期に購入した場合、開花株なら日当たりが良く風通しの良い室内で、暖房の入っていない部屋での管理が望ましいでしょう。
温度は10~15度が目安です。
ただし、アネモネも品種によっては夏~秋咲きの品種もあります。

アネモネの誕生花

アネモネが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

1月22日
3月12日
4月2日
4月4日
4月23日

アネモネは花壇に植える園芸用として、或いは切り花として楽しむことができる大変身近なお花です。
育て方も決して難しくはありませんので、店頭で見つけたら是非、手に取ってみてはいかがでしょうか。

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼