ムスカリの花言葉とは?意味や由来、種類、英語名の花言葉もご紹介!

ムスカリの花言葉と由来

『ムスカリ』はキジカクシ科ムスカリ属の植物で、原産地は南西アジア・地中海沿岸です。
ムスカリというのは和名で、別名『ブドウヒヤシンス』『グレープヒヤシンス』などとも呼ばれています。
“ブドウ”や“グレープ”が名前に付いているのは、花姿が葡萄に似ているからでしょう。
花色は青紫色が一般的ですが、ほかにも白色やピンク色のものがあります。
ムスカリが一面に咲いている花畑は圧巻の美しさです。
春に花を咲かせるムスカリは、球根種です。
非常に育てやすく難しくない品種ですので、初心者の方にもおすすめです。
一方で非常に花好きな方にも人気がありますので、一度育てるとハマる品種だと言えるでしょう。
それでは、そんなムスカリの花言葉を紹介していきますね。

ムスカリの花言葉

・失望
・失意
・寛大な愛
・通じ合う心
・明るい未来

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

ムスカリの花言葉の由来

ムスカリは花姿が非常に美しい品種で、明るい陽射しがとてもよく似合う花です。
そんな見た目の印象から、『寛大な愛』『通じ合う心』『明るい未来』などの花言葉が付けられたと言われています。
しかし一方で、ヨーロッパでは青色を“悲しみの象徴”と捉える風習があり、鮮やかな青色に由来して『失望』や『失意』という花言葉が付けられたとされています。

ムスカリの特徴

ムスカリは、葡萄を思わせるフォルムが特長的な植物です。
美しく色鮮やかな青紫色は、太陽の陽射しに非常によく映えます。
ヒヤシンスと同じ並びにある、言わば親戚のようなポジションにあります。
ユリ科の球根植物で、チューリップなどのメイン植物を引き立てる名脇役のような存在です。
春に色鮮やかな青色の花を咲かせ、花壇を彩り春の訪れを報せてくれるでしょう。
丈夫で育てやすく、それほど小まめに水を与えなくても良く育ちます。
手入れは簡単なので、ガーデニング初心者でも問題なく育てられるでしょう。
ムスカリを育てるコツはたった一つ、球根を大事にすることです。
花が咲き終わったら、花の部分を切り取ったとしても、葉は残してください。
葉が光合成を行うことで、球根に栄養が蓄えられ、長く生育させることが可能となります。
また、ムスカリには青紫色のほかにも白色やピンク色のものがありますので、一緒に植えることで色とりどりの美しい花壇を作ることができます。

ムスカリ色別の花言葉はあるの?

ムスカリには、メジャーな青紫色のほかに白色やピンク色のものがあります。
青紫色の品種と同様に、白色やピンク色の品種も非常に色鮮やかで美しく、花壇一面に植えると圧巻の美しさです。
青紫色のムスカリを好む方は多いようですが、白色やピンク色のものも人気が高くなってきています。
プランターなどに寄せ植えにする場合には、可憐なチューリップの色に合わせてコーディネイトするなど、楽しみ方の幅が広がりますね。
ムスカリの花色別の花言葉ですが、現在のところ色別の花言葉は付けられていないようです。
青紫色・白色・ピンク色のすべてが基本の花言葉となります。

【英語名】ムスカリの花言葉

ムスカリは英名が『Grape hyacinth(グレープヒヤシンス)』で、学名は『Muscari spp.』となります。

英語の花言葉

『usefulness(ユースフルネス)』意味は「有用・有益」

です。

ムスカリの種類

ピンクサンライズ

ムスカリには様々な種類があります。
ここではその一部をご紹介していきましょう。

ネグレクタム

比較的小型で、花は紫色のグラーデーションとなっています。
花色は渋く、深みがあります。

アルメニアカム

ムスカリの代表的な種類で、鮮やかな青紫色が特徴です。
葉も花も大きめで、丈夫で育てやすい品種です。

ピンクサンライズ

地植えだけでなく切花としても楽しめる品種で、美しい淡いピンク色の花を咲かせます。
園芸用の品種で育てやすいので、ガーデニング初心者でも楽しく育てることができるでしょう。

ゴールデンフレグランス

ムスカリの中でも甘い香りを放ち、黄色い花を咲かせる珍しい品種です。

ボトリオイデス

小型の品種で、大変美しい青色の花を咲かせます。
ムスカリの中も人気が高く、初心者におすすめです。

ムスカリの季節や開花時期

ムスカリは春の花で、開花時期は3月~5月です。
花屋やホームセンターなどに出回るのは3月~5月で、最盛期は4月となっています。
花持ち期間は5~7日ほどとそれほど長くはありませんが、非常に美しい花を咲かせます。
地植えでもは鉢植えでも育てることはできますが、複数の株を地植えにするとより美しさが際立ちます。
それほど小まめに水を与えなくてもしっかりと育ってくれますし、それほど面倒なケアも必要ありません。
ただし、花が終わっても株ごと切り戻さず、花だけを切り取るようにしてください。
葉を残すことで光合成は続きますので、球根に栄養を蓄えることができます。
大変育てやすい品種ですので、初心者の方にもおすすめです。

ムスカリの誕生花

ムスカリが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

1月30日
2月26日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える占い師が待機。

しかも実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン「即應翠蓮」の翠蓮先生や、福岡で口コミで話題の、かのうみくる先生など、人気の先生に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼

おすすめの記事