シンビジウムの花言葉とは?意味や由来、色別(白・黄・ピンク・黄緑)、英語名の花言葉もご紹介!

シンビジウムの花言葉と由来

『シンビジウム』はラン科シュンラン属の植物で、和名は『シンビジウム』、別名『シンビジューム』『シンビデューム』『シンビディウム』などとも呼ばれています。
原産地は東南アジアで、花色は黄色、ピンク色、赤色、オレンジ色、白色、茶色など、非常に豊富です。
冬から春にかけて美しい花を咲かせる植物で、花色は全体的に淡いのが特長です。
シュンラン属は学名『Cymbidium(シンビジウム)』と言いますが、これは『cymbe(舟、ボート)』と『eidos(形)』というギリシャ語が語源となっていると言われており、唇弁(*ラン科植物の唇状の花弁)にちなんでいると言われています。
ラン科の植物は種類が非常に豊富で、ほかにも『コチョウラン』『カトレア』『デンドロビウム』『サギソウ』『オンシジューム』などがあります。
それでは、そんなシンビジウムの花言葉をご紹介しましょう。

シンビジウムの花言葉

・飾らない心
・素朴
・高貴な美人
・華やかな恋

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

シンビジウムの花言葉の由来

花言葉『飾らない心』『素朴』は、花色が落ち着いた淡い色であることに由来して付けられたと言われています。

【四大洋ラン】シンビジウムの特徴

シンビジウムは『四大洋ラン』の中の一つで、『カトレア』『デンドロビウム』『パフィオペディルム』そして『シンビジウム』の四属を四大洋ランと呼んでいます。
日本ではシンビジウムの人気が高く、洋ランの出荷量の中でも1位2位を争う多さだと言われています。
東南アジアから日本にかけて自生する原種が交雑育種して生まれた洋ランで、ランの中では非常に丈夫な品種です。
寒さに強く、陽の当たる場所で管理すれば良く育ちます。
さらに定期的に植え替えを行うことで、丈夫に育ち花を咲かせます。
株の根元に丸く膨らむバルブという茎が変形した部分があり、この部分に養分や水分を溜めて生長します。
品種によって直立するものや柔らかく垂れるものもあり、ほとんどが花茎が直立して伸びアーチ状になって開花しますが、下垂性という下向きに花を咲かせる品種もあります。

【色別】シンビジウムの花言葉

黄色のシンビジウム

シンビジウムは花色が非常に豊富で、黄色、ピンク色、赤色、オレンジ色、白色、茶色などがあり、全体に色合いが淡く優しい雰囲気を持っています。
それでは、シンビジウムの花色別花言葉をご紹介していきましょう。

白色のシンビジウムの花言葉

『深窓の麗人』

黄色のシンビジウムの花言葉

『飾らない心』『誠実な愛情』

ピンク色のシンビジウムの花言葉

『上品な女性』『素朴』

黄緑色のシンビジウムの花言葉

『野心』

【英語名】シンビジウムの花言葉

シンビジウムは英名が『Cymbidium(シンビジウム)』で、学名は『Cymbidium spp.』となります。

英語の花言葉

『magnificence(マグニフィセンス)』意味は「壮麗」

『gorgeous love(グロジアスアブ)』意味は「華やかな恋」

などがあります。

シンビジウムの種類

シンビジウム プリンセスマサコ

シンビジウムは3000種類以上の品種が存在しています。
それでは、花色が豊富で美しいシンビジウムの品種をいくつかご紹介していきますね。

シンビジウム メロディーフェア マリリンモンロー

日本でシンビジウムの人気を確実なものにした品種で、ホワイト系の大輪の花を咲かせます。
フラワーギフトの定番ですので、見たことがある方は多いでしょう。

シンビジウム グレードキャティ ピンクエンゼル

大輪で淡いピンクの星型の花を付け、低めの草丈で小型でも存在感がある品種です。

シンビジウム エンザンスプリング インザムード

中~大輪種で、丸みのあるピンク色の花弁で上品な雰囲気を持つ品種です。

シンビジウム サザナミ

日本で1963年に生まれた小型品種で、ピンクがかった紫色の花の中心部に濃い赤紫色の斑点模様があります。

シンビジウム ホワイトレディ ほの香

花弁は緑色で、中心が白いグリーン系の落ち着きのある品種です。

シンビジウム シャルテ レッドハート

深みのあるワインレッドの花色で、中心は黄色い都会的な雰囲気を持つ品種です。

シンビジウム サラジーン アイスキャスケード

純白の美しい花をたくさん付ける品種で、花は垂れ下がって開花します。

シンビジウム シーサイド プリンセスマサコ

皇太子さまと雅子さまのご成婚を記念して作られた品種で、白色の花弁に中心が薄いピンク色をしています。

シンビジウムの季節や開花時期

シンビジウムは冬から春にかけて花を咲かせ、開花時期は12月~5月です。
花屋やホームセンターでは1年中出回っていますが、12月~5月が最盛期となっています。
花持ちがよく、14日~30日程度花を楽しむことができます。
寒さに強いため、それほど難しい植物ではありませんが、陽当たりが良く水はけの良い環境で育てることでよく生長します。
また、元々丈夫な植物ではありますが、定期的な植え替えを行うことで、しっかりとした丈夫な株に育てることができます。

シンビジウムの誕生花

シンビジウムが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

1月14日
1月17日
・11月7日
・12月18日

関連リンク

千里眼