すずらん(鈴蘭)の花言葉

すずらん(鈴蘭)の花言葉と由来

『すずらん』は、今にも鳴りだしそうな鐘の形をした、白く小さな花をつける植物です。
春が来たことを知らせてくれる花の一つで、非常に愛らしい花で、多くの方に好まれています。
すずらんはキジカクシ科スズラン属で、和名は『鈴蘭』、原産地はヨーロッパとアジアです。
日本に自生しているすずらんは、もちろん日本が原産国となっています。
多年草で、涼しい地域や高地の山野に自生しており、北海道の代表的な花にもなっています。
花屋などの店頭で見かけるすずらんのほとんどはヨーロッパ原産の『ドイツスズラン』という品種で、日本原産のものに比べて葉や花が大きいのが特徴です。
また、香りもドイツスズランの方が強く、香水の原料にもなっています。
大変可愛らしい花ですが、実はすずらんには毒があります。
ですから、取り扱いには注意しなければいけない花でもあるのです。
香りを嗅いだり、手で触れる程度であれば問題はないようですが、口に入れたり、生けていた水を誤って飲んだりした場合には、死亡例もあると言われていますので気を付けましょう。
そんなすずらんの花言葉をご紹介しましょう。

すずらん(鈴蘭)の花言葉

・幸せが再び訪れる
・純粋
・純潔
・謙遜

などがあります。

【色別】花言葉はこちら>>
【英語名】花言葉はこちら>>

花言葉の由来

寒い地域に咲く花なので『幸せが再び訪れる』は、春の訪れを知らせる象徴であることに由来しています。
また、『純粋』『純潔』は、ヨーロッパ諸国で古くからすずらんが『聖母マリアの花』として考えられていたことに由来しており、ほかにも森の守護神セント・レオナードが大蛇に襲われたときの流血からすずらんが咲いたと言われる花言葉もあるそうです。

すずらん(鈴蘭)の特徴

すずらんはキジカクシ科スズラン属の植物で、春を知らせる植物の一つとして多くの方に愛されています。
開花時期は4月~5月、花束では脇役になることが多いすずらんですが、小さく可憐な花の様子はとても可愛らしく印象的ですね。
寒さに強く暑さに弱いため、北海道の花としても知られています。
和名では『鈴蘭』ですが、蘭の属性ではありません。
自生するすずらんは日本原産のもので、北の地方や山野に生えています。
園芸で栽培されているものや売られているすずらんはヨーロッパ原産のドイツスズランで、日本原産のものに比べると少し大きめなのが特徴です。
非常に可愛らしい花ですが、有毒ですので気を付ける必要があります。

【色別】すずらん(鈴蘭)の花言葉

ピンク色のすずらん

すずらんには白色のものとピンク色のものがあります。
それぞれに花言葉がありますので、ここでは色別の花言葉をご紹介しましょう。

白色のすずらんの花言葉

白色のすずらんの花言葉は『純粋』『純愛』『純潔』『希望』などです。
白色の可愛らしく清楚なイメージの通りの花言葉ですね。

ピンク色のすずらんの花言葉

ピンク色のすずらんの花言葉は『可愛らしい』『愛らしい』などです。
ピンク色のすずらんのイメージ通りの言葉で、女性らしさが表現されていますね。

【英語名】すずらん(鈴蘭)の花言葉

すずらんの英名は『Lily of the valley』で、学名が『Convallaria majalis』となります。

英語の花言葉

『return of happiness(リターンオブハピネス)』意味は、「再び幸せが訪れる」
『sweetness(スイートネス)』意味は、「優しさ・愛らしさ」
『humility(ヒュミリティー)』意味は、「謙遜」

すずらん(鈴蘭)の種類

すずらんには2種類あります。
一つは昔から日本に自生している日本原産の『二ホンスズラン』、そしてもう一つは、園芸品種として広く日本でも人気がある『ドイツスズラン』です。
『ニホンスズラン』と『ドイツスズラン』は、パッと見では同じ種類に見えるかもしれません。
見分け方のポイントとしては、大きさが一つの目安となります。
大きい方が『ドイツスズラン』、花の位置が葉の下にあるのが『ニホンスズラン』です。
花だけでは見分けがつきにくいという印象を持たれる方が多いようですが、花の中を見ると赤い点があるのが『ドイツスズラン』です。
『二ホンスズラン』は花の中まで真っ白なので、そこまで見れば見分けられるのです。
花屋の店頭に出回っているのは、ほとんどが『ドイツスズラン』です。

すずらん(鈴蘭)の季節や開花時期

すずらんは春の訪れを知らせる花の一つ、北海道の花としても知られていますね。
開花時期は4月~5月で、暑さに弱いため、涼しい地域を好んで自生しています。
自生している場所は高地が多く、それらは『二ホンスズラン』です。
白色のすずらんが一般的ですが、ピンク色のものもあり、大変珍しい葉に斑が入った『縞斑スズラン』もあります。

すずらんを家庭で植えたい場合は、水はけと通気性の良い弱酸性の土に植えるようにしましょう。
すずらんは、種からでも苗からでも育てることが可能です。
ただし、種から育てる場合は花が咲くまで時間がかかります。
ですから種が売っていることはほとんどないでしょう。
一般的には苗から育てることが多く、種から育てたい場合は育てたすずらんから種を採取すると良いでしょう。
種は、すずらんの花が終わった5月以降、小豆色の実ができますので、その中から採取することができます。
ただし、すずらんは全体が有毒となっていますので、直接触れることで皮膚がかぶれることもあります。
種を採取する際には必ず手袋を着けてください。

苗から植える場合は、鉢植えでも地植えでもOKです。
10月~12月上旬、或いは4月~5月上旬に植えると良いでしょう。

すずらん(鈴蘭)の誕生花

すずらんが誕生花となっている月日は下記の通りとなっています。

5月1日
5月2日
5月28日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼