ムクゲの花言葉

ムクゲの花言葉と由来

『ムクゲ』はアオイ科フヨウ属の植物で、和名は『木槿(ムクゲ)』と言い。別名『波知須(ハチス)』とも呼ばれています。
原産地はインドや中国で、初夏~秋にかけて花を咲かせます。
花色は白色・ピンク色・赤色・紫色などがあり、韓国の国花となっています。
花は大きく、次々咲かせるので花を楽しむのに向いている植物だと言えるでしょう。
和名の『ムクゲ』は漢名の『木槿』の音読みの「もくきん」が変化したものだとも言われいています。
それでは、そんなムクゲの花言葉をご紹介しますね。

ムクゲの花言葉

・信念
・新しい美

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

ムクゲの花言葉の由来

ムクゲは真夏の暑い時期に涼やかな花をたくさん咲かせるアオイ科の落葉低木です。
非常に丈夫ですので、道路脇の街路樹としてよく利用されていますね。
ハイビスカスに似ており、見た目は南国を思わせますが、寒さに強く北海道などの寒冷地でも地植えが可能です。
有名なコトワザに「槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)」や「槿花一朝の夢」などムクゲ(木槿)を使ったものがありまね。
これは、ムクゲの花が1日で終わってしまうことに掛けて、栄華の儚さを説いたものです。
実際のムクゲの花は次々に花を咲かせてくれるので、秋まで長く花を楽しむことができます。
ムクゲは育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

ムクゲの特徴

ムクゲは真夏の暑い時期に涼やかな花をたくさん咲かせるアオイ科の落葉低木です。
非常に丈夫ですので、道路脇の街路樹としてよく利用されていますね。
ハイビスカスに似ており、見た目は南国を思わせますが、寒さに強く北海道などの寒冷地でも地植えが可能です。
有名なコトワザに「槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)」や「槿花一朝の夢」などムクゲ(木槿)を使ったものがありまね。
これは、ムクゲの花が1日で終わってしまうことに掛けて、栄華の儚さを説いたものです。
実際のムクゲの花は次々に花を咲かせてくれるので、秋まで長く花を楽しむことができます。
ムクゲは育てやすいので、初心者の方にもおすすめです。

ムクゲの色別の花言葉はあるの?

ムクゲには、白色・赤色・ピンク色・紫色などの花色があり、複色のものもあります。
ただし、花色別の花言葉は現在のところ存在していないようです。

【英語名】ムクゲの花言葉

ムクゲは英名で『Rose of Sharon(ローズオブシャロン)』と呼ばれており、学名は『Hibiscus syriacus』と言います。

英語の花言葉

『consumed by love(コンスームドバイラブ)』意味は「恋のとりこ」

『persuasion(パースエイジャン)』意味は「信念・信仰」

などがあります。

ムクゲの種類

ヤエムクゲ

ムクゲは非常に種類が多く、中には名前が付けられていない品種もたくさんあります。
日本では江戸時代から品種改良が進められ、多くの園芸品種が作られたそうです。
近年では海外で作られた品種も多く、花の形も様々です。
それでは、ムクゲの種類を咲き方別に紹介していきますね。

一重咲き

花弁の長さや幅から、“細弁”“中弁”“広弁”があり、白色の花を咲かせる『大徳寺白』、中心が赤色の『日の丸』などがあります。

半八重咲き

内側の花弁の大きさと、外側の花弁の枚数で、『祇園守』『花笠』『バラ咲き』に分類されます。
よく栽培されている品種に、『鳥取花笠(トットリハナガサ)』があります。

八重咲き

花弁の付き方で“乱れ咲き”“菊咲き”“ポンポン咲き”に分けられます。
菊咲きには『ビコロル』『ピンクデライト』などがあり、品種ごとに花弁は異なります。

ムクゲの季節や開花時期

ムクゲは初夏~秋にかけて次々と花を咲かせ、開花時期は6月~10月です。
花色は白色・ピンク色・赤色・紫色などがあり、複色のものも存在しています。
丈夫で育てやすく、初心者にも向いています。
また、暑さにも寒さにも強いので、それほど気を付けることはありません。
芽を付ける力が強く、さらには刈り込みにも耐えられるので、様々な形に仕立てることが可能です。
陽当たりが良く、水はけが良い場所を好み、半日陰などでは育つには育ちますが徒長して花が付きにくくなってしまいます。
ハマキムシが付き、葉を食べられてしまう恐れがありますので、見つけたら薬剤を散布するようにしましょう。
植え付けや植え替えは落葉期に行い、鉢植えの植え替えは春の暖かくなってくる時期に行うと良いでしょう。
増やしたいときには挿し木や種で増やすことができますが、挿し木には“休眠枝挿し”と“緑枝挿し”があります。
“休眠挿し”はまだ新芽が出ていない3月の落葉期に行い、“緑枝挿し”は初夏と秋にその年伸びた枝を使って行います。
いずれも枝を10~15cmに切って用土に挿しますが、“休眠枝挿し”は地面に挿しておくだけで根が出ることもあります。
種蒔きの場合は、秋にできた種を乾燥しないように保存し、翌春3月下旬以降に蒔くと良いですね。
花を長く楽しむことができ、一度植えると根付きも良く、初心者の方でもほとんど失敗することがないでしょう。

ムクゲ、フヨウ(芙蓉)、ハイビスカスの違いは?

ムクゲとフヨウとハイビスカスはよく似ていると言われていますが、どのような違いがあるのでしょうか。
比較して見ていきましょう。

開花時期

フヨウ=8月上旬~10月
ムクゲ=6月下旬~10月
ハイビスカス=6月上旬~9月

花色

フヨウ=淡いピンク色
ムクゲ=白色・ピンク色・赤色・紫色など
ハイビスカス=ピンク色・赤色・オレンジ色・黄色・白色など

葉の特徴

ムクゲ=葉が小さく深い切れ込みがある
フヨウ=葉が大きく浅い切れ込みがある
ハイビスカス=葉にツヤがあり浅い切れ込みがある

ムクゲの誕生花

ムクゲが誕生花になっている月日は下記の通りとなっております。

2月22日
3月22日
8月26日
9月11日

関連リンク

千里眼