たんぽぽの花言葉

たんぽぽの花言葉と由来

『たんぽぽ』はキク科タンポポ属の多年草で、様々な種類があります。
春になると咲き始め、公園や広場、住宅地の空き地など、至る所で目にすることがあるでしょう。
日本で咲く野草の代表的な植物で、誰しも子供のころには綿毛を飛ばして遊んだ記憶があるのではないでしょうか。
日本には10種類以上のたんぽぽが存在し、『エゾタンポポ』『シロバナタンポポ』、帰化植物の『セイヨウタンポポ』などがあります。
実はたんぽぽの歴史は古く、江戸時代にはもう自生していたと言われています。
当時は『鼓草(つづみぐさ)』と呼ばれており、現在の『たんぽぽ』という名前は日本の伝統楽器の鼓を叩く“タン”と“ポポ”という擬音が由来となっています。
それでは、そんなたんぽぽの花言葉をご紹介しましょう。

たんぽぽの花言葉

・真心の愛
・愛の神託
・神託
・別離

などがあります。

【英語名】花言葉はこちら>>

ちなみに、たんぽぽには黄色の花のものと白色の花のものがありますが、花言葉は色別には付けられていません。

たんぽぽの花言葉の由来

たんぽぽは、昔からヨーロッパで「綿毛の恋占い」をしており、そのことに由来して『愛の神託』『神託』という花言葉が付けられたと言われています。
また、綿毛が飛んでいくときにバラバラに離れて飛ぶことから、『別離』という花言葉が付けられたとされています。

たんぽぽの特徴

たんぽぽは非常に生命力が強く、アスファルトの隙間からでも花を咲かせている姿を見たことがある方は多いでしょう。
厳しい環境でも生育することができる強さは、たんぽぽならではの特徴だと言えます。
根は50cm以上と長く、最も長いものでは1mほども伸びるものも少なくありません。
朝は花が咲き、夕方には花が閉じるたんぽぽは、その種も非常に特徴的ですね。
たんぽぽのタネは綿毛なので、風に飛ばされてより広い範囲へと散らばるようになっています。
綿毛1本の先端に数mmの膨らみがありますが、これは種ではなく、実は実なのです。
果肉はないため、痩果(そうか)と呼ばれており、その中に種が存在しています。
日本タンポポは、春に風に飛ばされて地面に着いても、秋まで休眠して発芽の時期を待っています。
しかし外来種である西洋タンポポの場合は、多少暑くても発芽することが可能なので、春~秋まで時期を選ばずに発芽し、地面に着くと5日程度で目を出します。
たんぽぽは小さな花びらが集まって1つの花になっている印象がありますが、実はその1枚1枚の小さな花びらのようなものが1つずつ小さな花なのです。
つまり、小さな花がたくさん集まって、丸い形を作っているということですね。

【英語名】たんぽぽの花言葉

たんぽぽは英名で『dandelion(ダンディライオン)』と言います。
ギザギザのたんぽぽの葉がライオンの歯に似ていることから、フランス語で『dent-de-lion』(意味はライオンの歯)という言葉となって、その発音のまま英語名になったということです。
ちなみに、学名は『Taraxacum』となっております。

英語の花言葉

『love's oracle』愛の神託という意味
『oracle』神託という意味
『faithfulness』誠実という意味
『happiness』幸福という意味

などがあります。

たんぽぽの種類

セイヨウタンポポ

たんぽぽには、昔から日本に自生している在来種と、海外から来た外来種があります。
日本のたんぽぽは外来種に比べて背が低く、種の数も少なく、開花時期も短いのが特徴です。
日本人のほとんどが「たんぽぽは小さな花」とイメージするのは、在来種の印象が強いからでしょう。
春にしか咲かない在来種とが違って外来種は夏場も咲きますし、背が高く繁殖力も強いため、非常に広範囲で増えやすいのですが、その一方で寒さに弱いため寒暖差が激しい場所では育つことができません。
たんぽぽの種類にはどんなものがあるのでしょうか。

・エゾタンポポ
・シナノタンポポ
・オキタンポポ
・カントウタンポポ
・シロバナタンポポ
・トウカイタンポポ
・カンサイタンポポ
・シロウマタンポポ
・セイヨウタンポポ
・アカミタンポポ
・ヤツガタケタンポポ
・シコタンタンポポ(ネムロタンポポ)
・ミヤマタンポポ
・オクウスギタンポポ
・キビシロタンポポ
・オダサムタンポポ
・クモマタンポポ
・タカネタンポポ(ユウバリタンポポ)
・オオヒラタンポポ

たんぽぽの季節や開花時期

たんぽぽの種は、秋には風に飛ばされて着地します。
しかし、これから冬を迎える秋に発芽することはありません。
というのも、たんぽぽは休眠性のある植物だからです。
秋~春まで休眠し、春には発芽して花を咲かせます。
そしてあまり知られていませんが、たんぽぽは3日間しか花を咲かせることができません。
朝は花を開き、夜になると花を閉じて、そうして3日間花を咲かせるのです。
開花時期は地域にもよりますが、3月~5月ごろとなっています。

たんぽぽの誕生花

たんぽぽが誕生花となっている月日は下記の通りです。

2月18日
2月19日
3月13日
3月23日
3月29日
5月3日

関連リンク

【無料】当たると評判のLINEトーク占いが話題!

LINEトーク占い

LINEトークで人気占い師に鑑定してもらえる「LINEトーク占い」が当たると話題になっています。

LINEトーク占い

LINEトーク占いには、1000人を超える全国の人気占い師が集結!

実力のある占い師ばかりで、本格的な鑑定が体験できるのです。

例えば、名古屋の人気占いサロン即應翠蓮の「翠蓮先生」や、広島で2ヶ月の予約待ちになるほど人気のカリスマ占い師「蓮香先生」など、全国の人気占い師に鑑定してもらえます。

初めて利用する方は、10分間無料で鑑定してもらえますので、一度試してみてはいかがですか?

あなたの未来が今すぐに分かりますよ!

LINEトーク占いでよく当たる相談内容は…
・相手の本音や気持ち。私のこと好き?
・今から3ヶ月以内に起こる奇跡や出会い。
・私のことを好きな人はあの人。
・私はあの人とお付き合いできる?
・運命の人はだれ?もう出会ってる?
10分間無料のトーク占いはこちら

千里眼